くろさんのしあわせシフォン

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/kurosanchiffon

ナッツはローストしましょう

ナッツの入ったお菓子を作るとき
ナッツはあらかじめローストすることをおすすめします。

 

色も香りも食感も、格段によくなります。


 

ローストの方法は簡単で
160〜180℃のオーブンで10分ほど焼くだけです。
(温度と時間は各自のオーブンに合わせてくださいね)

 

広げて

 

 

 

オーブンに入れて

 

 

 

焼きあがり

 

 

…写真に載せるまでもないぐらい、簡単です。


 

焼いているときから香ばしいナッツの香りがしてきて
さらにカリッとした食感に。

 

色も、いいきつね色。

 

 


少しの手間で、色よし、味よし、香りよし、と
いっそうおいしくなります。

 

ナッツのロースト、おすすめです☆

 

 

 

そうそう、こちらのシフォンに
香ばしいナッツがたくさん入ってます!

 

 

「チョコとナッツのシフォン」

http://kurosanchiffon.seesaa.net/article/317451236.html

 

ナッツのおいしさ、再発見でした☆

 

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10819791c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ドライフルーツのおいしい食べ方

オイルコートがしてあるドライフルーツを使う時には

湯通ししてオイルを取り除きましょう。


 

 

 

オイルコートとは、

糖分が多いドライフルーツ(ブルーベリーやクランベリーなど)が
互いにくっついて形を損なわないように処理したものです。

※オイルコートのされているものは、パッケージに「オイルコートあり」

もしくは原材料名に「○○オイル」と書かれています。

 

そのままでももちろん食べられますが
オイルを取り除いた方がおいしく食べられます。

 

 

今回は湯通しをしましたが
ドライフルーツをざるにあけて熱湯をそっとまわしかけても大丈夫です。

 

キッチンペーパーで水気を拭き取るか
ざるにあけたまま乾かしてからお使いください。

 

 

 

さて、この記事を書いたきっかけは…

 

ドライフルーツのブルーベリーが食べたいな〜♪と思い
袋を開けてそのまま食べたら…おいしくない…

 

こうしてオイルを取り除きましたら
ブルーベリーのおいしさが現れました☆

 

お菓子に使うときは当たり前のように湯通ししていましたが、
こんなにも味に違いがあるのだなあと、あらためて思った次第でした。

 

みなさまもドライフルーツをおいしく召し上がってくださいね。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10709292c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

チャレンジする時は…「くろさんのこぼれ話」その35

お菓子作りで、

ちょっと材料変えてみよう、とか
作り方を変えてみよう!などチャレンジする時は
一度に変えず、ひとつだけ変えるようにしましょう。

 

でないと…
もし失敗した時、どれが原因かわからなくなります。


 

今日、友人が来るのでプリンを作りました。

 

プリンは時々作っていますが、
今回は
恵子さんから教わった、"圧力鍋でプリン"をやってみました。

 

圧力鍋、あまり使いこなせていないけど、うまくできるかな〜
なんて思っていながら…

 

あ!黒糖プリンなんて、いいんじゃない?初めてだけど〜
そうだ!卵黄あまっているから、卵黄多めの生地で…
と、いろいろチャレンジした結果…

 

みごと失敗しました!

 

さて、何がいけなかったのだろう?と思いましたが、
ここまでいくつも変えていると
どれが原因だかわかりません(汗)


 

そんなわけで。

 

次回に活かすためには、ひとつだけ要素を変えてみましょう。
そうしたら、
「こうしたらうまくいく」「うまくいかない」が見極められて
もし失敗しても、次はきっとおいしいお菓子ができますよ。

 

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/



今度はそうします
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10638899c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 2 )

あらあら、残念。どんな失敗だったのでしょう?
圧力鍋でプリン!は、私も二三回チャレンジした後、出来るようになったので、次回はきっと♪

[ 恵子 ] 2012/05/07 6:01:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

恵子さん
先日は教えてくださりありがとうございます!
失敗…火を通しすぎたのか、かたくなってしまったのと…
味的にもおいしくなくて(←これは黒糖の配合のせい)
アレンジしすぎはいけませんね(汗)

またチャレンジして、おいしいプリン作ります♪

[ くろ ] 2012/05/07 21:33:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

きれいなマーブルの作り方 「くろさんのこぼれ話」その34

ももさまから

「いままで一度もマーブル模様がうまくいったことがありません」と
コメントいただきましたので、
今日はマーブルの作り方を書いてみます。

(ももさま、勝手にお題いただきました〜ありがとうございます!)


 

プレーン生地の上にマーブルの生地をのせましたら、
ゴムベラで切るようにささっと混ぜます。
ボールを回しながら、6回ぐらい…これでほぼ一周します。

 

この状態ですとそれほど混ざっていませんが、
型に流し入れる時にも混ざりますので
あまり混ぜすぎない方がいいのです。


 

あとは、2色の生地がゆるすぎるとなじんでしまいますので
さらにマーブルに混ぜることを見越して
少しかための生地にする…
それぞれの生地を混ぜるときに、ふだんの1歩手前で止めておくと
うまくいきます。

 


写真がないのでわかりづらいかもしれませんが…
きれいなマーブルシフォン作りの参考になりましたら
うれしく思います。

 

 

 

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/


 



きれいなマーブルシフォン
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10593057c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 2 )

わ〜、くろさま、感激です!!アドバイスありがとうございます!
確かに生地がゆるいのかもしれません。失敗は成功の母、頑張って作ってみますね♪

[ もも ] 2012/02/19 0:06:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

ももさま
こちらこそありがとうございます!参考になりましたらうれしいです。

失敗は成功の母、すばらしいですね!
きっとうまくいきますよ♪

[ くろ ] 2012/02/19 22:09:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

テンパリングその2「くろさんのこぼれ話」その33

昨日のお話の続きです。
※「テンパリング」レポート「くろさんのこぼれ話」その32


 

テンパリングの簡単な方法は…
「電子レンジで加熱する」

 

30秒ずつ、様子をみながら加熱します。

 

溶け始めたら混ぜて、10秒〜15秒ぐらいで取りだして混ぜ…と
8割がた溶けましたら、あとは余熱で溶かします。

 

 

この方法でもでもけっこうキレイにできますし、
何といっても手軽ですね!

先日差し上げたチョコレート、

結局半分ぐらいこの方法でやりました〜

 

 

それから、テンパリングの注意点。

「水気厳禁」です。

ちょっとでも水分が入るとうまくいきません。

湯煎の蒸気や、型についた水分などに気をつけてくださいね。

 


明日はバレンタインデー。
今年には間に合わなかったかもしれませんが
(今から作れば間に合います!?)
何かのお役に立ちましたら、うれしく思います。

 

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10589260c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「テンパリング」レポート「くろさんのこぼれ話」その32

先日のお話の続きです。
※チョコレート「くろさんのこぼれ話」その31

 

製菓用に使うクーベルチュールチョコレートを使う場合には
「テンパリング」という作業が必要です。
名前は聞いたことはあってもされたことない方、
多いかもしれませんね。

 

実は、私もでして…
「テンパリング」をまともにしたのは、今回が初めてなのでした。
そんなくろさんの、テンパリングレポートです(汗)


 

まず、テンパリングの手順としては

 

1.チョコレートを湯煎にかけて50℃に溶かす

 

2.ボウルを氷水につけて28℃まで下げる

 

3.再び湯煎にかけて32℃まで温度を上げる


 

温度計があるとわかりやすいですね。

 

 

ちなみにこれは、赤外線で計れる温度計です。
アマゾンで「料理用温度計」で検索して見つけました。


 

さて、やってみた感じとしては

 

1.で、チョコレートがほぼ溶けたときが、50℃

2.で、混ぜていてちょっとかたくなってきた、手ごたえを感じたら、28℃

3.で、少しゆるまった感じがしたら、32℃でした。

 

ちなみに「3」で、32℃より上がってしまいましたら
「1」からやり直しです。
すぐに上がってしまいますので気をつけてくださいね。
(何度やりなおしたことか…)


 

先日ご紹介した型に流す場合は

 

4.テンパリングができましたら、少し試してみます。
少量のチョコレートを、紙などに薄く平らにつけてみて、
しばらくおいてすぐにしっかり固まればテンパリングできています。


5.テンパリングできたチョコレートを型に流して
トントンとたたいて空気を抜き、平らにします。


6.冷蔵庫で30分ほど冷やし固めて
型をひっくり返しそっと押して取り出して、できあがり。

 

テンパリングができていると
ツヤがあり、すぐにしっかりかたまり、縮みます。
なので、上手にできると、型からぽろっ、ぽろっと
おもしろいように外れるのですね〜♪

 

 

こうしてできあがったチョコレートが、こちらです。

 


 

やってみる前は、むずかしいイメージのテンパリング。
やってみると意外と簡単で、美しくできるのが感動ものです。
もしうまくいかなくても、溶かして何度でもやり直しができますので
気楽にチャレンジしてみてくださいね。


 

さて。
「やっぱりテンパリングはたいへんだ」と思われる方…
(以前の私ですね〜)
もうひとつ、簡単な方法があります。

 

そちらは明日ご紹介します。お楽しみに☆

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/



テンパリング
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10588217c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 4 )

テンパリング…なるほど〜〜
やってみます。

ちなみに私が使ってる料理用の温度計は、普通に刺して
計るものです。
こういう温度計があると便利ですね。

銀座[ 華凛 ] 2012/02/12 16:56:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

赤外線放射温度計ですね!
仕事でよく使っています(^-^;

赤羽[ Kazu ] 2012/02/13 21:25:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

華凛さま
ぜひやってみてください(^^)

普通に刺して計る温度計、私も持っていましたが
こちらの温度計を見つけてからはそればかり使っています。
気楽にカチッと計れます♪

[ くろ ] 2012/02/13 22:55:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

Kazuさま
わ、お詳しい!
何かの実験に使われているのでしょうか(^-^)

[ くろ ] 2012/02/13 22:56:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

チョコレート「くろさんのこぼれ話」その31

さて、これは何でしょう?

 


チョコレートモールド…チョコレートの型です。
製菓材料店で見つけました。

 

バレンタインデーが近いのにかかわらず
チョコレート菓子はほとんど作らないのですが
(なにせシフォンばっかりなので〜)

 

こんなチョコレート…素敵だろうなあ…と
つい買ってしまいました。


 

さっそく実験。
チョコレートを溶かして流し入れますと

 

 

こんなふうになりました。

…食べるのがもったいないです。


 

さて、かんじんの作り方(溶かし方、ですね)はまた今度お話しします。

…作っただけで手一杯なのでおゆるしを。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/

 

 



チョコレート
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10587283c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

シフォン型の洗い方 「くろさんのこぼれ話」その30

食べまくり記録だけでなく、たまにはシフォンのお話を書こう!

…と思っていたとき、ちょうど目についたものがありまして。


こちらで、記事をひとつ。

 

 

型から外した後のシフォン型です。

 

 

シフォンケーキは型に油を塗らずに

そのまま生地を流して焼き上げます。

 

なので生地がこびりついてしまうのですが
さて、どうやって洗うと思いますか?


 

答えは…タワシでごしごし。

 

型がアルミ製だからか、とくに傷はつきませんし、
軽く水にふやかしておけば
それほど力を入れなくても取れます。

 

その後、洗剤を含ませたスポンジで全体を洗います。
私はアクリルスポンジを使って
きゅっきゅと磨くようにして洗います。

 

こうして洗えばたいてい落ちますが、

筒の部分など洗いにくいところがあれば

歯ブラシやメラミンスポンジを使ってきれいにします。

 


型から外したらほっとして

できた〜、終わった〜!と思いがちですが、

後片付けまでが、終わりです。

 

きれいになったシフォン型で
次もおいしいシフォンを作りましょう。

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/



シフォン型の洗い方
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10571682c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロールケーキのきれいな切り方 その2 「くろさんのこぼれ話」その29

昨日の「ロールケーキのきれいな切り方」では
おもに便利道具のご紹介でしたので、
今日は技術的なことを、少し。


 

ポイントは、ひとつ。

 

 「脱力」

 

 

腕の力を抜いて、
包丁の重みを感じながら…

 

力まかせにぎっぎっ、でなく、
包丁の重みを使って、生地をすっと切っていく…感じです。


 

何度か切ると感覚がわかると思いますが、
頻繁にケーキを切る方って限られるでしょうから

まずは道具のお話からさせていただきました。

 

ケーキを切る機会がありましたら
思い出していただけるとうれしいです。

 

 

以上、
シフォンはうまくカットできても
野菜はいまだに上手に切れない(!)くろさんがお届けしました〜

 

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/



野菜のカットも練習(?)します〜
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10529432c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロールケーキのきれいな切り方 「くろさんのこぼれ話」その28

昨日はシフォンのロールケーキを載せましたので
(昨日の記事:「シフォンのロールケーキ」)
今日はロールケーキの切り方について。

 

生クリームのついているケーキを、きれいに切るコツをお伝えします。


 

用意するもの

 

 

(よく切れる)包丁
布巾、もしくはペーパータオル、2枚

 

そして、これがあると便利!なものは、
魔法瓶の水筒とお湯。

水筒の大きさは、包丁の刃がすっぽり入るぐらいがいいです。
(写真のは少し小さいですね)

 


1.お湯を水筒に入れ、その中に包丁を入れて温めます。

 

2.水気を布巾で拭き取って切ります。

 

3.1回切るごとに、包丁についた生地やクリームを
  もう一枚の布巾で拭きとってから、水筒に包丁を入れます。

 

4.2、3、を繰り返します。

 


きれいに切るためのポイントは、包丁を温めながら切ること。

そのときに魔法瓶の水筒が役に立ちます。

 

魔法瓶を使えば、切っている途中でお湯が冷めることがなく、
包丁が根元まですっぽり入って、かつ、場所も取りません。


 

コツというよりは、こんな道具を使ったらきれいに切れますよ、
というご紹介でしたが、
お役に立てましたらうれしいです。

 

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
くろさんのシフォン
http://kurosanchiffon.seesaa.net/


 



目盛りつきの下敷きもあると便利
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000022034/p10528909c.html
「くろさんのこぼれ話」 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
くろイメージ
シフォン大好きくろさんが、シフォンの製作話やシフォンに関すること、
その他、日々の楽しいこと、しあわせなことを綴ります。


☆シフォンケーキの通信販売をしております。

シフォンでみんながしあわせな気持ちになれたら…と願いながら
添加物を使わずに、ひとつひとつ手作りで焼き上げています。

ふわふわ、しっとり、口溶けのいい、
上品でやさしい味わいのシフォンケーキをお届けします。


☆くろさんが作るシフォンはこちら。
「くろさんのシフォン」
http://kurosanchiffon.seesaa.net/
(下の「おすすめリンク」からご覧いただけます)

☆お問い合わせはこちらからお願いします。
cf@96san.sakura.ne.jp
(すべて半角でお願いします)


前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 28 325898
コメント 0 1346
お気に入り 0 6

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<