声美人になる方法  〜発声指導者のつれづれ日記〜

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/beautifulvoicebeautifullife

まずは自分から

 
相手を気持ち良くするコミュニケーションができるようになりたい。
 
そう思うなら、まずは自分の気分を良くしましょう。
 
「あれ?相手本位が大事だったのでは?」と思ったかもしれませんね。
 
だいじょうぶ。
「相手の気持ちよりも自分を優先」とは違うのでご安心ください。
 
 
ではなぜ、自分の気分を良くする必要があるのでしょう。
 
ネガティブな気分でいては、相手を気持ちよくすることができないからです。
 
たとえば、イライラしているのを抑えて、笑顔で話そうとしても、
引きつった笑顔になったり声にイライラが乗って、
不自然な印象を与えてしまう。
 
悩みや気がかりなことに囚われていると、
明るく楽しそうにふるまっていても声や表情が曇っているため、
「本当はつまらないのでは……」と違和感を感じさせる。
 
その結果、相手はなんだか居心地が悪くなってしまう、というわけです。
 
一方、リラックスして気分のいい時は、
いい表情・いい声が出やすくなります。
また、その「いい気分」は相手にも伝染します。
 
一緒にいるだけで気持ちがよくなる。
そんな人とは、もっと一緒にいたい、
これからも会いたい、と思いますよね。
 
人と接する時は、
まずは自分の気分をよくしておきましょう。
 
相手を気持ちよくするコミュニケーションが取れ、
よい人間関係に恵まれるようになりますよ。
 
 
* * *
 
 
いつでも良い気分でいるための意識コントロールのしかたは
『魅力アップ講座』で習えます。
 
くわしくはコチラをどうぞ。

 

 




goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10876005c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

声から相手の気持ちを読み取ったら…

昨日の記事の続きです。

 

前回は、声から相手の気持ちや本心が読みとれるといったお話でした。

 

相手の気持ちが、

うれしそう、楽しそう、喜んでくれている感じ。

そういうプラスの状態ばかりとは限りませんよね。

 

友人を食事に誘ったら、「いいね〜」と言いつつ乗り気でない声だったり、

職場の先輩が今日はイライラした声を出していたり。

 

そういう時はどうすればいいのでしょう。

 

「私、嫌われてる?」「拒否された…」「どうしよう、何か怒っているのかな」と

不安になったり、がっかりするのはNGです。

 

相手の気分に一喜一憂しても誰のためにもなりません。

 

相手といい関係を築きたいなら、

「どうしたら今より気分良くなってもらえるかな」と考えて実行してみましょう。

 

相手は今、食事にでかけることに関心がなさそう、と感じたら

さっと話題を切り替える。

 

先輩イライラしているみたい、と感じたら、「これよかったらどうぞ」と

お菓子を差し出すのもいいかもしれません。

 

会話の相手が疲れている様子だったら、話を早めに切り上げて

解放してあげるのも、相手を楽にする行動。

 

どんな行動をとればいいか、「答えは相手にあり」。

常に決まった正解はないので、相手のことをよ〜くみる必要があります。

これがコミュニケーション能力を磨いてくれるんです。

 

お互いがんばりましょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10815047c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

意識を相手に向けてる?

こんばんは。

 

今日は、「コミュニケーション時の意識の使い方」です。

 

感じのよい人になろうと努力して好かれる人と

そうでない人がいます。

 

いつも笑顔、気持ちのいい会話、好印象を与える努力をしているのに

仲良くなりたい人と仲良くなれない。

イマイチ人から好かれていないみたい。

 

そんな時は、相手とのコミュニケーションで

どこに意識を向けているか気をつけてみましょう。

 

相手の方に意識を向けているか、自分の方に向けているか。

 

ここが運命の分かれ道です。

 

ニコッと相手にほほ笑んだとき、

「相手を気持ちよくしたい」と思い、心からの笑顔を見せる人は好かれる人。

 

「ニコッとしたら、好かれるかな。」「可愛いって思ってもらえるかな」と

思いながら笑顔になる人はイマイチ好かれない。

 

おしゃべりしていても、

相手が何を感じ、何を欲しているか読みとることに集中して

お互いイイ時間を過ごせるよう心がける人は好かれる人。

 

こんなことを言ったら良く思われるかな、嫌われるかな、と

気にしながら話す人は好かれない人。

 

こういった意識の向け方の違いは心の中の出来事。

なのに、ちゃんと相手に伝わってしまうんですよね。

 

笑顔がどこか不自然だったり、目の輝きが曇っていたり、

自分の意見を最後まで言わずに曖昧にしたり……

 

なんとなくでも無意識に伝わって、相手の感情を刺激しているのです。

 

会話なり、メールなり、相手と関わる時は

「この人は今何を感じているかな。何をすれば喜んでくれるかな」

相手の方に関心を向けるようにしましょう。

 

その状態になれば、必ず相手に好かれる人になるはずです。

 

お互いがんばりましょう!

 



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10795208c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

続・生のコミュニケーションを大切に

昨日の記事の続きです。

 

今の時代、直接人と関わらなくても大抵のことができる。

 

その便利さと引き換えに生のコミュニケーションが激減しました。

 

そして人の存在を忘れがちに。

 

たとえば、インターネットで洋服を注文したとします。

その服が自分のもとに届くまで、どれだけの人が関わってきたのか。

 

見えませんよね。

届けてくれた宅配便の人以外は。

 

生地屋さん、デザイナー、メーカーの人、縫製業者さん、運送業者さん…

自分がその服を着ることができるのは、

たくさんの人の存在があってこそなんですよね。

 

それを忘れると、意識が自分のことばかりになってしまう。

 

相手を感じとり慮る気持ちが薄れて、余裕のない精神状態に。

 

 

またたとえば、予約していた宿をキャンセルしなければならなくなったとします。

 

宿まで電話をして直接伝えるなら、

「取り消して申し訳ない」という気持ちになりますし

精神的に負担を感じますよね。

 

でも、「インターネットでキャンセルできるから気軽でいい。」

と、キャンセルすることに何の抵抗も感じなくなったら要注意です。

 

ネット上で予約した宿だからといって、キャンセルボタンで

なかったことにはできないのです。

 

予約をした時点で、ネットの向こうの宿の担当者は受け付け作業をします。

 

さらに、

「新潟からはるばるお越しになるそうだから、

宮崎の特産をたっぷり楽しんでいただこう。」と

いろいろ準備をして待っていてくれたかもしれないのです。

 

それをクリック一つで、なかったことにする。

相手の労力や気持ちを無視する行為ですよね。

 

その感覚が普通になってしまうと、

相手の気持ちを感じ取ることが不得手になってしまいます。

 

 

適切なコミュニケーション、声の使い分けを

するためには、直接のコミュニケーションが不可欠。

 

いちばんは直接会う事、それができなければ電話で話すよう

心がけてみましょう。

何でもネットやメールで済まそうとしない。

 

そうやって相手を感じる感覚が磨かれていきます。

 

お互いがんばりましょう。

 

 

 

 

よい週末をお過ごしください♪



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10687732c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

生のコミュニケーションを大切に

おはようございます。

 

今朝、JRのサービスセンターに電話しました。

 

乗車券を割引運賃で買えるので

インターネットサービスを利用しようとしたら

登録をおかしくしてしまいまして…。

 

電話に出た最初の声は、自動音声。

 

電話がつながった瞬間、自動音声が聞こえてくると

いつもささやかな違和感・不安を感じます。

今の時代ふつうの事なんだ、そう頭ではわかっていても。

 

音声の誘導に従い、@のボタンを押し担当を呼び出す。

 

……「お待たせいたしました。」

電話に出たのは、本物の人間の声。

 

ホッ…まさに人心地がつきました。

 

そして、きちんとしつつ柔らかい声で応対していただき

(これでもう大丈夫)と一安心しました。

 

なにより、声、話し方から、お客さんの不安を解消しようという配慮が伝わってくる。

ありがたいなぁ。

 

「助かりました。ありがとうございます。」

 

感謝の気持ちを込めて明るい声で伝えると、

担当の方も安心したような感じの声に。

 

ああ、やっぱり生のコミュニケーションっていいなぁ…。

おかげでいちだんと気持ちいい朝を迎えることができました。

 

声の使いわけやコミュニケーションを上達させたいなら

生のコミュニケーションを大切にしましょう。

 

このテーマ明日につづきます。

 

では、よい一日をおすごしください♪

 

 

 

 


今日も読んでいただきありがとうございます!



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10687244c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

相づち上手になるコツ

おはようございます。

 

今、カラスが何やら会話しているようです。

 

「カーカー」「アーアー」

「カー」「アー」

 

一羽が鳴くと、すかさずもう一羽が返す。

まるで相づちを打っているみたい。

 

 

というわけで、今日は「よい相づちの打ち方」です。

 

相づちは良いコミュニケーションにとって重要。

 

相づちの上手下手で、コミュニケーション能力がわかるそうです。

 

雑誌や新聞記事などでも「上手に相づちを打つコツ」が取り上げられていること

もありますね。

 

どんなタイミングで、どんなセリフで返せば、上手な相づちになるか。

 

そういうテクニックもありますが、

まずは「相手に関心をもつ」ことを基本にしましょう。

 

 

「自分にも話したいことがあるので、

相手の話が終わるのを今か今かと待ち構えている」

 

「‘さっきの私の発言、ヘンだと思われたかな、嫌われたかな’など

相手が自分のことをどう評価しているか気にしながら話を聞いている」

 

このように、意識が自分の方に向いていると、

余裕のない、どこか上の空の相づちになってしまいます。

 

 

意識を自分ではなく、相手に向けましょう。

 

何を伝えたいのかな。

相手はいまどんな気分なのかな。

何を欲しているのかな、どうしたいのかな。

何をしてあげたら喜ぶかな。

 

そういったことを、感じとるようにしてみる。

 

相手の言葉だけでなく、

表情、声、口調、動作、姿勢からも感じとる。

 

そうやって、相手の方に意識を集中させていれば

相づちは自然と上手になります。

 

本物の相づち上手になるコツでした。

 

お互いがんばりましょう!

 


 


よい一日をおすごしください☆


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10683565c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ポジティブの贈り物

[moblog]
ポジティブの贈り物

最近つくづく感じることがあります。

プラスの気持ち、言葉を発している人には
周りからも同質のものが還ってくる。

うれしい、楽しい、ありがとう、大好き、きっと大丈夫

心の中から自然に湧いてきたプラスの気持ち・言葉。
素直に相手に届けると、相手からもプラスの気持ちが返ってくるようです。

声もそう。

気持ちのいい声、明るい声、柔らかい声…

いい声を出せば、あなたの周りの人も気分がよくなって、
あなたにプラスの気持ちを向けてくれます。

いい声・素敵な心で、周りも自分もハッピーにする人になりたいですね♪


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10630060c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

相手に寄り添う会話

こんばんは。

 

今日のテーマは、相手に寄り添う会話術です。

 

女性はおしゃべりすることでストレス解消する生き物だと

言われています。

 

ですが、

単に、自分の言いたいことだけ言ってスッキリしたい。満足したい。

そういう会話は大人の声美人には相応しくないですよね。

 

相手も自分も気持ちいい会話がいいですね。

 

そこで一つ提案があります。

 

相手の話を奪わず、相手に寄り添う。

そういう会話を目指しましょう。

 

たとえばこんな会話。

 

A子「先週ね、東京に遊びに行ってきたんだ。」

C子「東京!私も来週、東京に行こうと思って。ゴッホ展を観にいきたくてね。」

A子「あ、そうなの。」

 

このように相手の話題を自分の方に持っていってばかりいると、

「この人と話しても楽しくない、気持ち良くない。」

「自分の事しか頭にないんだ。」と感じさせてしまいます。

 

では、こちらはどうでしょう。

 

A子「先週、東京に遊びに行ってきたんだ。」

B子「へえ、東京に!どうだった?楽しんできた?」

A子「うん、とても楽しかったよ。憧れの○○ホテルでアフタヌーンティーもできたし。」

B子「わぁ、素敵!それはうっとりな時間だったでしょう。」

A子「そう、まさにうっとり!」

 

相手の話に乗っていく、寄り添う姿勢でいると

相手は気持ちよくなってどんどん話してくれます。

 

え、それでは自分は楽しくない?

 

確かに、自分の話したいことを抑えるのは、

ちょっぴりストレスかもしれません。

 

それでも、相手の話を引き出すことに専念する。

相手が話したがっていそうな事について質問する。

 

そうしていくうちに、自分も楽しくなってきます。

 

また、人の話をよく聞くことは、相手を尊重する姿勢。

人は、自分のことを尊重してくれる人を大事に思うもの。

 

結果的に、相手の話題を奪うよりもずっと

自分の話を聞いてもらえることが多くなります。

 

よかったら試してみてください♪

 

* * *

 

会話美人になりたい方は、こちらをどうぞ。

『相手の話を引き出す方法』

 

メイフェアの今月のデザート、あんみつ〜♪

もっちり白玉にプリプリ黒糖かんてん、黒豆のアイスの香ばしさもたまりません!



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10621553c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

人には大らかに

たまに言われることがあります。

 

声のプロを目指している人からみたら

私の声や話し方の良くない点とか気になるでしょう、と。

 

いいえ。そんなことないですよ。

 

このブログでは、「声の大切さ」を普及させたい、という目的で

いろいろ発信しています。

 

そのために、街で他の人の声の観察もすることもあります。

 

でも、普段は周りの人の声や話し方に無頓着かもしれません。

 

いいな〜、素敵だな、と感じた時はたっぷり堪能するのですが、

 

これはよくないでしょう、と気になって仕方なくなったり、

自分の流儀を人に押し付けるのは、美しくないと思うので。

 

(『音色塾』でも、そういう意識を持つように教えていただきました。)

 

それでも時には、スルーしきれそうにない時もあります。

 

そんな時のおまじないが、「マインド マイ オウン ビジネス。」

自分の改善点・やるべき事だけみましょう、と

自分に言い聞かせています。

 

 

人はみなそれぞれ違います。

 

考え方、生まれ育った環境、世界観、好ききらい、

得意不得意、価値観…

 

そういった自分と他人の違いが気になるかどうか、が

人間関係の大きなカギではないかな、と思います。

 

自分の考えと違っても、「面白い」と楽しめたり、

「そんな人もいる」と流せたり、柔軟に対応できる。

 

そんな おおらかな人とは一緒に居て気持ちがいいですよね。

もちろん、本人もすこぶる気持ちいい。

 

自分には厳しく人には大らか。

愛されるコミュニケーションにとって大事ですね。

 

お互い頑張りましょう♪

 

 

こちらもどうぞ。

『声の攻撃から身を守る方法』



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10592883c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

男性を見抜くコツ

バレンタイン前だから、というわけではありませんが、

今日は男性を見抜く方法についてお話します。

 

この男性と一緒にいて幸せになれるか、どうか。

 

心が澄んでいれば、直感に従って大丈夫。

本能が正しい選択をしてくれます。

 

また、彼の言動からも見抜くことができます。

 

わかりやすいのが、「店員さんにどんな態度をとるか」。

 

たとえば、カフェの店員さんに対して、

横柄な態度や、いばった態度を取る男性はNGです。

 

あなたに対して今は優しく接していても、

その店員さんに向ける態度は、そのうちに

あなたにも向けられる可能性大です。

 

その逆に、

水や頼んだメニューを持ってきてくれた時に、笑顔で「ありがとう」。

お店を出る時に「ごちそうさま」と言える男性はイイ男です。

 

また、お年寄りや小さな子供に優しくできるか。

職場なら、下請けの業者さんや、清掃員の方にどんな態度を取るか。

 

こういったところからも、判断できますので、

ぜひ冷静な目でチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

声で男性を見抜くこともできます。コチラをどうぞ。

 

『声で人を読むコツ〜金持ちになる男は声で見抜け』

 

 

 

 


今日もご訪問ありがとうございます。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10586742c.html
愛されコミュニケーション | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
香織イメージ
共鳴発声法インストラクターの日常日記です。

声に関するマニアックな記事を読みたい方は、2011年5月以降の記事をどうぞ。
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 3 472384
コメント 0 565
お気に入り 0 8