声美人になる方法  〜発声指導者のつれづれ日記〜

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/beautifulvoicebeautifullife

絵をみてきました

こんばんは。

 

今日は、県立万代島美術館で英国水彩画展をみてきました。

 

水彩画ならではの繊細で澄んだ色彩にうっとり。

 

絵に詳しいわけではないのですが、ただ観るのが好き。

目にした瞬間、あ、これいい!と感じた絵をじっくり眺め、

その世界の中にどっぷり浸るのが好きなんです。

 

言葉の無い感覚だけの世界にいたら、脳が緩んできました。

最近、頭が凝っていたみたいです……。

 

絵を観ている最中に、ふっといい考え(たぶん…)が浮かんできたりして。

 

こうしてみると、私にとって絵画鑑賞は仕事の役に立つ、どころか

仕事の一部なんだなぁ、と気づきました。

 

また積極的に観に行こうと思います。

 

 

 




goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10801665c.html
文化・芸術 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

1年9ヶ月ぶりの…

こんばんは。

 

明日は絵画展に行きます。

 

美術館で絵を観るのは実に1年9ケ月ぶり……。

去年の3月11日、東京でヴィジェ・ルブラン展を観て以来です。

 

明日はきっと、美しい水彩画にうっとりしたり、

ブレイクの奇妙な絵を楽しんだりしているのでしょう。

 

心はすでに美術館にいます☆

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10801229c.html
文化・芸術 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

英国?水彩画?
ウェッジウッドのピーターラビットの食器みたいですね!
美術館は香織さんのイメージにぴったり♪

[ 恵子 ] 2012/12/18 17:59:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

恵子さん
ありがとうございます!

先日、恵子さんの水彩画を拝見して「やっぱり絵っていいな〜」と胸に響いて…
それで絵画展に出かけることにしたんです☆

[ 香織 ] 2012/12/18 22:28:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『長谷川潔展』 横浜美術館

(本日2本目の記事です)

 

 

先月の音色塾の収録まえに、横浜美術館で開催中(〜6/26)の

『長谷川潔展』にいきました。

 

長谷川潔さんのことは名前すら知りませんでした。

 

直前に日経新聞に紹介されているのを偶然目にし、

どうしても観に行きたい!と思ったのでした。

 

長谷川潔さん(1891〜1980年)は横浜で生まれ、

27歳で渡仏後、生涯フランスで暮らした版画家です。

 

ラウル・デュフィらと交友しモダンな感覚を持つ一方で、

西洋の黒にはない東洋のシックな深い漆黒にこだわり続け、

また、野山を歩き、名もなき花や雑草に心を寄せることで

独自の世界観を築きあげました。

 

晩年は、「一木一草をこまかく観察してその内部に入り込み、

できるだけ厳しく描いてその『神』を表したい」 と自らを律したといいます。

 

 

「風(イエーツの詩に寄す)」(1915年、木版)

風の精が花嫁をさらっていく、という英国詩人イエーツの詩から

インスピレーションを受けた作品。

 

「レダ」(1922年、エッチング、ドライポイント)

ギリシャ神話を基にした作品。

 

「花束」(1926年、ドライポイント)

ジャイアント・タンポポと称される、ひときわ大きな綿毛や

野草たち。

 

「小鳥と胡蝶」(1961年、メゾチント)

メゾチントはフランスでは廃れてしまった西洋の版画技法。

彼はこの技法を独自の黒のコントラストでよみがえらせた。

小鳥は自然観察者としての作者の象徴だという。

 

 

昨年のゴッホ展のときもそうでしたが、

一人の作家をテーマにした展覧会っていいですね。

 

芸術家として生きるとは、どういうことなのか。

その軌跡をたどる小さな旅。

 

作品の一つ一つから作者の思いや息遣いが

より深く濃くせまってくるように感じます。

 

卓越した技術とそれを支える偏執的ともいえるたゆまぬ努力、

内からあふれだす詩、音楽、インスピレーション、

成功したのちも自らを律し真摯に取り組む姿勢。

 

一流の芸術家には同じ血が流れている。

身が引き締まる思いと共に会場を後にしました。

 

 

『長谷川潔展』公式HP

http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2011/hasegawa/index.html



芸術家の生き様
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10427779c.html
文化・芸術 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

彼女の肖像

 

もうだいぶ経ってしまいましたが、

先月の音色塾収録のまえに『ヴィジェ・ルブラン展』にいきました。

 

ヴィジェ・ルブランはマリー=アントワネットの専属肖像画家として活躍した女性画家です。

 

 

会場には、18世紀フランスで活躍した女性画家の作品が多数展示されていました。

 

作品のメインは、王侯貴族の女性の肖像画。

彼女たちの輝くような美しさに眼をうばわれっぱなしでした。

 

顧客から依頼されて描く肖像画ゆえ、画家の一番の仕事は

モデルの美点を引き出し、いっそう素敵に描くこと。

 

それを知った上でも、やはり、画面から伝わる命の輝きに魅了される。

 

気品と自信に満ち溢れたまなざし。

華やかな人生を謳歌しているひとのオーラはすごいなぁ……

 

後日、解説をよんで驚いた。

彼女たちの多くが、ままならぬ人生に悩み苦しんでいたという。

 

絵の中の最高に輝く自分の姿をみて、日々生きる希望を得ていたのだ。

 

現代に生きる私は、人生を自由に選べる。

輝く自分の偶像や過去の思い出なんていらない。

今この瞬間どう生きるかで未来の自分を輝かせることができるのだから……

 

………

…………

 

あ〜またボケ〜ッとしてしまった。いかんいかん。

よし、引き締めていこ!

 

 

『ヴィジェ・ルブラン展』公式HP

http://mimt.jp/vigee/



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10394417c.html
文化・芸術 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『シュルレアリスム展』 at 国立新美術館

 

先月の美術館めぐり、ダヴィンチ展の次は『シュルレアリスム展』にいきました。

 

シュルレアリスムはそんなに好きでもないのですが。

マグリットは好きなので観にいってみようかな。そんな軽い気持ちで。

 

シュルレアリスムっていうと、観る人の理解を拒絶するかのような、

それでいて「どうだ、すごいだろう〜」と奇をてらっているよな

わざとらしい芸術、というイメージがありました。

 

でも、それは無知ゆえの偏見でした。

説明によると、

「シュルレアリスムは、偶然性、夢、幻想、神話などを鍵に、

人間の無意識の世界の探求をおこない、現実を越えた新しい美と真実を発見し、

生の変革を実現しようと試みる芸術運動」でした。

 

広く文化全域に影響をおよぼしたのち、広告や映画などの表現を通じて

現在の私たちの生活にも影響が及んでいるのだそうです。

 

ほぉぉそうなんだ〜

「新しい美」とかよくわからないけど、170点もの作品をみて

かなり刺激を受けました〜何かが覚醒したような感じ。

 

気になったのが、男性作家のものばかりだったこと。

 

女性は、調和やバランス、整頓、清潔、平和、そういったものを求める性だからか。

毎月、そして一生を通じて肉体の変容を経験する、存在自体が奇なるものだからか……

なんて深読みしすぎかな〜

 

次回は女性作家ばかりの絵画展にいきます!

それもキレイな絵ばかりの(笑)

 

 

『シュルレアリスム展』公式HP

http://www.sur2011.jp/



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10377240c.html
文化・芸術 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東京都庭園美術館 (目黒)

先週の東京美術館めぐりレポートその2。

 

ちひろ美術館のつぎは東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)へ。

 

ふだんは一部のみ展示室として使われている邸内が特別公開されていました。

 

撮影も一部許可とのことで、美しいアール・デコ様式の館内を撮影してきました。

 

洋館だけど狛犬ツインズ。

 

玄関ホール。

 

ルネ・ラリック作のガラスレリーフ扉。私はこれが好きでたまらない。

 

玄関ホール左手の小客間。

この部屋から流れるオペラの歌声が館内の空気を優しくふるわせていた。

 

 

大客間。

 

このシャンデリアもラリックの作品。

ストーブカバーもアール・デコ。徹底してこその美。

 

これもアール・デコ様式なのかしら…

 

 

ごく一部ですが館内はこんな感じでした。

 

「東京都庭園美術館」

http://www.teien-art-museum.ne.jp/index.html

 



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10353947c.html
文化・芸術 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

素敵ですね〜〜〜
こういうの大好きなので、行ってみたいと思います!
旧岩崎邸とかも大好きなんです〜♪

[ もも ] 2011/01/23 19:27:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

庭園美術館、こちらも大好きです♡
ここで見たラリックで、ガラスって繊細だけではなく
力強さもある、ということを感じました。
ちひろ美術館に庭園美術館、お勉強と充実した一日だったんですね♪
それは、おんなっぷりが上がるわけだ☆

[ 恵子 ] 2011/01/23 23:53:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

うわぁ〜ステキ。。。

こんなお家で暮らしたい(笑)

[ 夢子。 ] 2011/01/24 8:29:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

ももさん
わぁ、好み似てますね〜♪
旧岩崎邸、私も今度行ってみます!
良い場所紹介してくれて、ありがとうございます(^^)

[ 香織 ] 2011/01/26 14:48:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

graceさん
わぃ、くまちゃんもここお好きなのね〜♡
ラリック、いいですよね〜
以前は新潟伊勢丹に売り場があったのだけど…今回久しぶりに観れて幸せでした!

優雅なお茶の時間がgraceさんをみがいているのね☆

[ 香織 ] 2011/01/26 14:58:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

夢子。さん
ほんと、こんなお家で暮らせたらいいですよね〜
夢サマの素敵な魔女ハウスも憧れです☆

[ 香織 ] 2011/01/26 15:01:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ちひろ美術館 (上石神井)

先日、東京での音色塾の収録の前に美術館めぐりをしました。

 

まずは、上石神井の「ちひろ美術館」へ。

 

西武新宿線 上井草駅から徒歩7分、行き方も調べたしバッチリ!

のはずが、反対方向へ進んでいました…

 

はじめての街をぶらぶら歩くのは楽しいし、

道を尋ねた方々に親切にしていただいたし。

むしろ間違えてラッキ〜

 

上井草駅周辺の街並みがまたいいんです!

昭和の古き良き時代の風情があって、あったかくて懐かしくて…

大好きになりました。

 

住宅街の細い路地をたどって到着。

いわさきちひろさん(1918〜1974)は晩年この場所に22年間住んでいたそうです。

 

彼女の人生と絵の歴史をたどるコーナーや、

彼女が影響を受けた画家の絵、彼女の画室を再現した部屋など

こじんまりとした館内ながら、いわさきちひろの世界にひたることができました。

 

はかなげで優しい雰囲気の画風から、ちひろさんもふわふわっとした女性かな、と思っていました。

展示された資料を読むうちに、気丈で志高く勤勉な画家であったことを知り

イメージがだいぶ変わりました。

 

好きなように好きなだけ描いていたら認められちゃった、だったらその時の流行どまりでしょう。

後の世にまで人を惹きつけるものを生み出すには、ブレない本気の思いや努力あってのものなんだなぁ、と再認識。

 

そして、彼女の人生に触れることで、作品から伝わってくるものが濃く深くなった気がします。

 

庭には彼女が愛したバラや草花がたくさん植えられているのだそう。

時期になったらまた行こう。

 

 

「ちひろ美術館・東京」

http://www.chihiro.jp/tokyo/

 

サンドイッチのお店「カリーナ」のサンドイッチおいしかった〜



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10350980c.html
文化・芸術 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

音色塾がんばってますね〜♪

ちひろさんのイラスト、本当にほんわか優しくなれて大好きです…
ほぅ…。
おいしいサンドイッチ食べたいな〜。
あ、メイフェアで食べようっと(^-^*)

[ 夢子。 ] 2011/01/17 15:50:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

夢子。さん
ありがとうございます♪
夢サマもちひろさんのイラストお好きなんですね〜うれしいなぁ。
メディカルハーブの講座、がんばってください♡
楽しみにしてます!

[ 香織 ] 2011/01/17 19:33:04 [ 削除 ] [ 通報 ]

なんと!ねこちゃん、ちひろ美術館へ!
ちひろさんの絵の白い部分は絵の具の色ではなく、紙の色。
周りに色をつけることで紙の白さを利用して
絵にしている、こんなことを知ったのもちひろ美術館でした。
私もちひろ美術館、大好きです♡

[ 恵子 ] 2011/01/17 21:20:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

あ、やっぱり、あの会場にいらっしゃったのですね。
ちらっとお見かけしました。

美術館めぐり、いいですね♪
迷子の子猫ちゃん(?)になっても楽しめる心の余裕、素敵です☆

[ もも ] 2011/01/17 22:14:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

graceさん
わぃ、くまちゃんも「ちひろ美術館」大好きなんですね〜
へぇ、白い部分って紙の色だったんだ。
教えてくれてありがとう!

[ 香織 ] 2011/01/19 14:08:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

ももさん
あら、いらしてたんですね!
ご挨拶したかったなぁ〜次回は目を皿にしておきます(^^)

ありがとうございます。
実は、迷子になるのは慣れっこなもんで…あはは。

[ 香織 ] 2011/01/19 14:13:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「ゴッホ展」にいきました

『種まく人』

 

きのう『ゴッホ展』にいきました。

ゴッホがいかにして巨匠になったのか、その軌跡をたどる構成でした。

 

ゴッホというと色彩鮮やかな油彩画のイメージが強かったので、

素描画が多くて意外。

彼は画家を志してから亡くなるまでの10年間のうち

はじめの5年ほどは絵画の基礎、素描力を徹底的に鍛えていたのでした。

 

成功してからも、他の画家から真摯な姿勢で学び、

試行錯誤を重ねていたゴッホ。

芸術のために無心に努力する姿勢に胸を打たれました。

 

美術館を出たら夕日がみえた。


goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10324105c.html
文化・芸術 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

オルセー美術館展

オルセー美術館展、すごい人出でした。

みんな美しいものが大好きなんですね。

私も じっくりどっぷり美の世界を堪能してきましたよ。

 

最近涙腺がゆるくなったのか、何度も涙が溢れそうに。

最初に来たのが、ゴッホの絵。

 

彼が敬愛していた友人の肖像画。

この部屋にゴーギャンが来てくれたらいいな、と願いながら描いたといわれる室内画。

それらをみていたらなんだかグッときて…。

ゴッホのひたむきさ、純粋さが伝わってきたんです。

 

そして、「星降る夜」の前では、

ゴッホも目を輝かせてこの景色を眺めていたんだろうな…と彼と同じ感動を味わっている気分に。

気づいた時には、無になってただただ絵の世界を漂っていました。

 



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000016740/p10266213c.html
文化・芸術 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

ただただ見入ってしまいますね(*´ェ`*)

オルセー美術館展は、巡回せず東京でしかしないようですね。

近畿にも来て欲しいなぁ・・・(*ノД`)゚・。゚

[ やまうち ] 2010/07/16 11:20:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

同じ絵で同じく…ですか?なんだかうれしいです!(^^)
この感覚いいですね。「瞑想」状態ですよね??

[ もも ] 2010/07/16 21:41:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

やまうちさま、パリが似合いそう〜本国まで飛行機とばしてください(^^)/

ももさま
そうそう!まさにそんな状態でした!
うれしいですね〜(^^)

[ ねこ ] 2010/07/18 9:17:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
香織イメージ
共鳴発声法インストラクターの日常日記です。

声に関するマニアックな記事を読みたい方は、2011年5月以降の記事をどうぞ。
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 10 472358
コメント 0 565
お気に入り 0 8