☆ねこの森☆の住人たち

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/25niyanlove

助けられた命

皆様、覚えていますか? 

殺処分される犬を最後に慈しみ可愛がって送ってあげるというこ

の写真のワンコ・・・

 

何と処分寸前に救われたそうです。

細は?ですが、この写真を見られた方が引き出して下さったとか・・

本当に嬉しいです^^ 

奇蹟はあるんですね



保健所

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012841/p11116536c.html
動物愛護 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

こういうニュースはいいですね。一つでも多くの命が助かりますように。

[ ぎねっこ ] 2014/10/16 12:57:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぎねっこさん

コメントをありがとうございます^^

悲惨なことや悲しいことが多い世の中・・
こういうニュースは本当にホッとしますよね^^

[ ジンジンタン ] 2014/10/21 15:16:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

一番多様な感情を持つのは本当に人間だけなのでしょうか・・

フェイスブックからです。

痛みや悲しみ喜びや愛
一番多様な感情を持つのは本当に人間でしょうか。

人間は辛い時に辛いと言い
悲しいときに涙を流し
嬉しいときに笑い
愛している人に愛してると伝える

他の動物はどうでしょうか。

伝える術を持たないことは、人間と同じようには感じていない、
判っていないこととイコールになるのでしょうか。

先週の長崎県動物管理所にて撮影した写真です。 

 
期限が一番近かったオスのビーグル。

最初にこの子を見たとき、あまりの怯えように見るのも辛かった。

一刻も早く出してあげたくても、ここで情報を流して

家族を探してあげることしかできなかった。
ビーグルという犬種の性質上、なかなか新しい家族が

決まらず期限の直前だった先週。

檻の外から偉そうにおいでおいでと言って、出してあげもしないのに、

たまに来ては中途半端に感情を動かすのは申し訳ないので、

いつもは遠くから写真を撮るようにしているのを、

檻のギリギリまで鼻を出して震えるこの子に少しでも平安を

与えられればと思って手を出すと、

この子は全身で手を掴んで放さず、目をギュッとつぶったままでした。

この子は期限の前日、管理所に問合せがあり、死を免れました。

このページを通してこの子を知ったようではなかったという職員さんの話。

この子が幸せであれば、そんなことどうでもいいのです。

手を放さないこの子がこの時持っていた感情は

どのようなものだったのでしょう。

それはそれは複雑な心を、彼の全身から感じました。

収容犬に人間の主観的なストーリーをつけて里親を探すのは

好きではありません。

人間が解っていて動物は解っていないことは確かにあり、

だからこそ人間には他の動物を守る義務があり逆も然りだと思うから。

でもこの時ばかりは、この子の頭や心にも

私が解っているのと同じ理解があるのだと感じました。

ボランティアという立派な活動は出来ないししていない。

ただ自分という1つの生命が、目の前にいる1つの生命が

無くなってしまうのが嫌だから、無力ながら出来ることを

やっているだけなのです。

この時抱いた感情や考えは上手く言葉に出来ませんが、

写真から伝わる何かを日々の皆様のご協力への御返事とさせて頂きます。



殺処分
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012841/p11111577c.html
動物愛護 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

ビーグル BEBE(べべ)

愛犬でした。


思わずあつくなるものを感じました いつまでも続くんでしょうね

とても残念です。

[ wasyu ] 2014/10/04 23:18:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

wasyuさん

BEBEちゃん・・・そうだったんですか・・

この写真に胸が熱くなって大勢の方に
知って欲しくてブログに載せました・・

幸いなことに新潟県は犬の殺処分は
減っています(猫は中々、減らないです)
でも全国的には未だ々です。
持ち込む人が減らない限り無くならないですよね。

飼い主やペットショップ、悪質なブリーダーが
ネックになっています。
要は飼う方がキチンと終生まで面倒をみて
避妊去勢もキチンとして生ませない・・

ショップから買わないで保健所から引き取る・・
そうすればショップは無くなり
ブリーダーも無くなる・・・

そういうプラスの連鎖が生まれれば
持ち込みも無くなり処分も減るでしょう・・

それにはこういう現状を知るということも
大事なことでしょうね。

[ ジンジンタン ] 2014/10/05 9:35:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

殺処分はもう止めてほしいです!

FBから転載しました。

本当に切ないです・・・

 

とあるセンター内。

殺処分の期限が来ると職員さんも

最期は精一杯温もりで包み見送るそうです。

何とも胸が張り裂けそうでいたたまれません…。

 

 こんな事終わらせないと。

 

このワンコはもうこの世にいません・・・



殺処分
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012841/p11110309c.html
動物愛護 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ジンジンタンイメージ
ジンジンタン
プロフィール
新潟市で21匹の保護猫達と暮らしています。
私の自宅周辺は自然がたくさんある比較的静かな場所です。
我が家の猫達は皆さまざまな事情があってやむなく引き取った猫ばかりです。
病気を抱えた猫もたくさんいます。

現在、保護猫たちの資金を作るために、猫の一時預かり(ベットホテル)も始めました。
また、留守番する猫ちゃんのシッターも行っております。

私と彼らの毎日を生活記録として日記で公開いたします。


※皆様へのお願い※
この猫達の医療費などのご支援を心からお願いいたします。


口座記号番号 
00570−6−71180
口座名称   もりねこ会
払い込み払い出し店  巻郵便局

*この口座に他銀行から払い込みする場合
店名(店番)  〇五九店(059) 当座 0071180

*****************************
毛布 タオル バスタオル タオルケットなど
使い古したものがありましたら頂けると有り難いです。
(洗濯をしたものに限ります)

又、切手、ビール券、商品券なども
有り難いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 26 250937
コメント 1 1086
お気に入り 0 21

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<