かるべ鍼灸接骨院blog *カサ・カルベ*

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/karube

五行説のおはなし

先日は陰陽説についてでしたが、今日は東洋医学の基の一つである「五行説」について。

九星占いなどでも五行や五色が使われるので、知っている方もいらっしゃるかな。

 

五行説とは、万物は木・火・土・金・水の5つの性質からなるという説です。
古代中国では季節や方向、生物の一生、色や味など全てのものを五つの性質に分類していました。

人間の内臓も、「五臓」肝・心・脾・肺・腎・・・と5つに分類されています。

 

たとえば、五行の「木」
季節では「春」、方位では朝日の昇る「東」、色は「青・緑」
生命の躍動が始まり、成長、発展する様子を表します。春野菜は上に伸びるものが多いですよね。


人間の体では、「肝」「胆」「目」「爪」などにあたります。
全身のツボを結ぶルート(=経絡)には「肝経」(陰)・「胆経」(陽)という名前が付けられています。

 

五行はお互いに助け合い(相生)、また牽制しあって(相克)体を調整しています。

 

「肝」が不調になると、筋肉の異常や目の不調(かすみ目、目の乾燥)、いらいらしたり怒りっぽくなったりします。
治療には肝経や胆経のつぼを治療に使い、また、肝に虚証(陰性の症状)があれば腎経のつぼ、実証(陽性の症状)があれば心経のつぼを治療に使ったりします。

 

もちろん、人間の体はそうそう簡単なものではありませんので、症状や訴えをしっかり見極めてその人それぞれに合った治療をします。
鍼灸の治療では、五臓を相互に関連づけて「からだ全体でひとつ」と捉えた治療をしていくのですね。

 

また小難しい話になりました…by院長

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012230/p10218134c.html
東洋医学の話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東洋医学の起源

鍼・灸・漢方薬・按摩などなど…一口に東洋医学(中医学)と言っていますが、
中国各地の風土的特色と密接に関係しながら、長い歳月をかけて発達してきました。

 

私たちが使う「」が発達してきたのは、中国の南部。
暖かくて陽気が盛んな場所では外からの熱の邪気を受けやすく、
筋肉の痙攣や痛みが起こりやすかったので、鍼の治療が発達してきました。

 

逆に、「」が発達したのは、中国の北部です。
寒冷地の生活で身体を冷やし、お腹の張る病気が多く、お灸で暖める治療法が発達しました。

 

そのほかの地域では・・・
東部。海に近く、塩分の多い物を食べるために鬱血やでき物、腫れ物が多くなるため、石メスを使い患部を切開する外科療法が発達しました。

 

西部地方は山岳地帯で気候が寒冷のため、厚着をして家の中にこもりました。
邪気が体内にこもり、臓器の疾患が多くなったので、薬の治療が発達しました。

 

中央は低地で豊かな生活をしていますが、体を動かさずに食べるため、
冷えのぼせや慢性の病にかかりやすく、効果のある按摩・指圧が発達してきました。

 

広い国土それぞれの地域の自然環境の外圧からくる疾患に対する治療法として、中国の医学が発達してきたんですね。 

by院長

 

 

ところで、待合のお花をピンクローズから黄色のガーベラに変えました

ピンクのお花よりも、一層春らしい色合いです。

ちなみに、受付くみこは世話が苦手なので(…)毎回シルクフラワーです。

 

 

春は、もうすぐ



春は、もうすぐ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012230/p10212112c.html
東洋医学の話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

陰陽の話

東洋医学は陰陽五行説を基に医学理論に発展させたものです。
元はそれぞれ、陰陽説・五行説という考え方です。

 

今日はその一つの陰陽説を簡単にご紹介します。

 

古代中国では、天地の創造は大極という混沌から陽気と陰気に分かれて、陽気は上昇して天に、陰気は下降して地になったと考えました。
人間を含む全てのものは天地の交感によって生み出され、陰と陽の二つの要素に分けられます。

 

たとえば…
陰…地・月 ・夜・女・暗・臓・老人・・
陽…天・太陽・昼・男・明・腑・子ども・・・

 

 

この陰と陽は相反する性質をもっていますが、元々は同じものから生まれているものなので、
それぞれお互いは行き来し、交感し、変化する…という影響をしあっています。

 

人間の身体も陰陽の概念から、それぞれが対立しあい、作用しあい、変化しあうと考えられています。

 

陰…組織は「下部・体内・五臓・血」、活動は「抑制」、病状は「裏、寒、虚」脈は「沈み、遅く、小さく」なります。
陽…組織は「上部・体表・六腑・気」、活動は「亢進」、病状は「表、熱、実」脈は「浮き、早く、大きく」なります。

 

陰はよくない・陽はいい、というものではありません。陰と陽はシーソーのようなもので、陰が勝てば陽が病み、陽が勝てば陰を病みます。

 

身体や症状をよく診て(以前お話した四診)、陰陽のバランスを整え、調和をはかることが東洋医学の治療の考え方なのです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012230/p10211793c.html
東洋医学の話 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

単にタイプミスでしたが子供と老人が逆になってました(直しました)
子供(陽)は大人へと成長して、やがて老人(陰)へとなる…。
陰と陽は変化する、の例でもありますね。

[ かるべ ] 2010/03/17 9:27:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東洋医学の「四診」

東洋医学では患者さんの具合を診る方法で、望診・問診・聞診・切診といわれる「四診」というものがあります。


検査の機器や道具などは使わずに、五感を活用して患者さんの症状を捉えていくことが特徴です。

今日はその四診を紹介いたしますね。

 

■望診(ぼうしん)…望、というのは「見る」ということ。顔の色艶や、肌・皮膚の状態を見たり、体つき、歩き方や姿勢、唇や舌も見ます。
中でも重要なのが「舌診」。舌の色、形、水分、硬さ、苔、厚さ、動きなどを見て、胃腸の熱や、水分の代謝、血や気の巡り、病の虚実まで様々な情報を得る事が出来ます。

 

■問診…現在の体調に加え、これまでの病気の経歴や体質、体の変化や普段の生活の様子などを伺います。

 

■聞診(ぶんしん)…目に見えるものだけでなく、よく聞く事も大切です。
声の強弱、高低、ハリやスピード、かすれや呼吸を聞いたり、臭気を介して病気の程度を推しはかります。
声は体調を良く表します。弱弱しい声だった人も、状態が好転してくると 声にハリツヤが出てきますよ。

 

■切診…切、は「切る」ではなく、触れる・おさえる、という意味です。
脈を見たり(脉診・脈診)、お腹に触れて反応を診たり(腹診)、経穴(ツボ)や気の流れを診たり、(経穴診)(背候診)、身体、手足の寒熱などを診たりします(触診)

特に重要なのは脈を見る「脉診(みゃくしん)」です。脈の速さや強弱、浮き沈み、深さ、打つ位置などから様々な情報を得ます。
脈は「気・血・水」の流れに直接関係し、健康状態を反映しているからです。

 

こうして「四診」を総合的に判断することを「四診合参(ししんがっさん)」といいます。

 

健康診断の数値では異常は無いけれど、どこか調子が悪い…というときも脈や舌に体調が表れていることが良くあります。

 

西洋医学の「診断」では病名を特定し、その「病気」を治療していきます。


一方、東洋医学は「病人」を治療すると言われるように、一部分のみの治療ではなく、身体全体の偏りを正すように治療をしていくのです。


 

 

文章ばかりで堅苦しいので、昨日撮影した会津柳津・撫で牛の写真。

 

 



あっかんべ〜で健康チェック!
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012230/p10207718c.html
東洋医学の話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
かるべイメージ
かるべ鍼灸接骨院(しんきゅうせっこついん)

新潟市中央区 関屋の鍼灸院・接骨院です。

「鍼」=はり・シン、と読みます。

ひとりひとりに合った施術を行い、皆様がもともと持っている「自然治癒力」を高める治療を行います。

新潟市中央区関屋本村町2−293
駐車場有
TEL:025-201-9851
予約優先制

月・火・木・金
9:00〜12:30・14:30〜19:00
水・土
9:00〜12:30
日祝休・不定休有


前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<