☆ねこの森☆の住人たち

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/25niyanlove

猫に噛まれると最初の治療が肝心?

R病院から帰って地元の病院で先月の木曜日(27日)まで点滴して

腫れも引きましたので点滴は其処で終わりになりました。

 

その後は一日3回の抗生剤(オーグメンチン配合薬)を飲むことに・・

只、補ていはそのまま続けることになりました。

 

そして5月1日の月曜日には補ていも取れて腫れも引いて・・

でも少し痛みはあったのですが・・大丈夫という事になり

次の日のR病院の予約はありましたがホッとして帰宅しました。

 

ところが夕方から指の根元が腫れ始めました。

痛みは無いんですが・・(第二関節辺りは押すと少し痛みあり)

少し不安になりました。

補ていが取れたということで右手がやっと自由になり

使いすぎたのかもと・・水にも濡らしたし・・

猫砂とか重いものも持ったしで、それが良くなかったのかも

しれないです。

 

 

そして不安のままに2日の朝、R病院の救急外来に行ってきました。

先生は前に診て頂いた方とは違いましたが、腫れ初めている指を見て

血液検査と点滴をと診断・・><

 

もうね・・何なんだろうと・・

猫の噛み傷は本当にシツコイ

 

そして・・

夕方、又、地元のお医者さんに行って点滴を受けて下さいと・・

そして3日は救急で点滴を受けに来てくださいということに

なりました。

仕方無いです。覚悟を決めました。

 

夕方、地元のお医者さんへ行き、事情を話し(少し気不味い)

何とか点滴を受けることが出来ました。

その時に偶々、4日が当番で開業していることを知り

もし明日、R病院で点滴を受けて未だ、続けることになったら

4日に来ても良いかと聞いてOKを頂きました。

 


そして3日の朝9時・・・

昨日、診て下さった先生が診察して下さり腫れが引くまで
7日まで毎日、朝晩、点滴に通うようにと言われましたがまん顔 


再び補てい

 


この器具を指に当てます。




う〜〜ん・・・今回、これだけ治療が長引いたのは・・・・

救急は仕方ないとして地元の整形外科の先生がR病院を
紹介して下さったのに入院を拒否せざるを得なかったことが
原因かなと思って少し落ち込みました。
 
拒否したことでR病院で治療が受けられなかったことと
地元の先生が骨折とかは専門でいらっしゃいますが
猫の噛み傷についてはあまり詳しくなかったことかもと・・
(この思いはあくまで私の素人考えですのでご了承下さい)

先週の木曜日で点滴を止めたとき・・一抹の不安がありましたが
それを言えなかったことと補ていを外してから右手を使いすぎたこと・・
水で濡らしたし・・重いもの持ったし・・><

 
そんな思いで今日、地元の獣医さんへ行って点滴を受けて着ました。
点滴はユナシンSというものです。
 
夕方、又、行ってきます。
痛みも無くなり腫れも少し引いてきましたが
此処で油断しないで何とか頑張って通います。
 
猫の傷は・・・本当に侮れないです


猫に噛まれる

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012841/p11597477c.html
生活 | コメント( 5 ) | トラックバック( 0)

【追加です】
知り合いの方からお聞きしました。

猫ひっかき病とパスツレラ症という、猫を介してヒトに感染する
人獣共通感染症(ズーノーシス)について・・

猫ひっかき病は名称は「ひっかき病」とありますが、
引っかかれた場合のみならず咬み傷からもかかります。
また、猫に寄生している蚤から感染することもあります。
上でくろちゃま♪さんが詳しく書いておられるように、
バルトネラ・ヘンセラ菌によるものです。

今回の感染はパスツレラ菌なんですよね。
パスツレラ・ムルトシーダによる場合が最も多く
この菌は猫の口腔内に100%存在します。
これも咬み傷だけでなく、ひっかき傷からもかかりますよ。
パスツレラ菌は犬・猫の口腔内に常在しますから
場合によっては咬まれたり引っかかれたりしなくてもかかる可能性がないわけではありません。
たとえばなめられただけでも・また、呼吸器から空気感染したりもします。

ちなみにこの二種類のズーノーシスですが
ヒトが弱っているときだけ発症することがほとんどなんです。
子どもや高齢者も発症しやすいと言われています。

いずれにせよ、今回はパスツレラ症と判明しているようですから、あとはこの菌に効く殺菌剤で完全にたたいてもらうしかありませんが・・・。

[ ジンジンタン ] 2017/05/04 13:26:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

的故事大概

[ adgsdg ] 2017/05/04 15:44:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

adgsdgさん (^^)

[ ジンジンタン ] 2017/05/04 18:48:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

読んでビックリしました。大変ですね。’指’ですから絶対毎日使いますし。お大事になさって下さいね。早く良くなりますよう
祈っています。お薬もちゃんと効きますように!
怪我って本来’外科’なんですよね。整形外科ではなくて。
でも最近外科のクリニックってあまり無い。病院になってしまうのでしょうね。

[ Tiffi ] 2017/05/05 21:42:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

Tiffiさん

コメントをありがとうございます。
噛まれたところが関節とか筋とか骨の近くだったのが
酷くなる原因みたいでした。
過去に何回か噛まれて点滴に通った経験ありますが
本当に久しぶりだったので少し甘く考えてしまって
血を流水で絞り出したので大丈夫と思い込み
医者に行くのが3日目になってしまいました><

怪我なので外科なんですよね。
でも・・知り合いも整形外科に行ったと言ってました。
今、通っているR病院は「手専門の外科」があって
本当に丁寧に診てくださっています。
聞けば聞くほど怖い猫の噛み傷です。
今後は直ぐに病院へ行きます。

[ ジンジンタン ] 2017/05/06 7:20:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ジジに噛まれた・・続き!

4月25日・・R病院は朝9時予約なので早起きして

猫たちの世話をトイレ掃除だけ残して出発!

病院は何時も行く獣医さんの直ぐ近くなんですよね。

初めて行く病院でしたが迷わずに行けました。

 

とても立派な総合病院で何というかテキパキ?

受付から診察を受ける場所まで事務処理も早く

整形外科も12室位あり一纏めになっていて

診察もスムーズに進んでいる感じで9時〜予約の私も

30分くらいしか待たずに済みました。

 

あ・・その前に指のレントゲンを撮りました。

 

レントゲンで骨には異常なしでした。

先生も快活な感じの良い方でした。

 

でも「入院」という言葉が先生の口から・・!!

え??「入院?」・・しなくてはならない?

薬指の腫れている根元を切開しないと駄目?

 

いやいや・・入院は絶対に出来ないです!!

例え一日でも無理!!

 

それで先生に「入院は無理です」と言いました。

先生は吃驚されたようで・・少し不機嫌?になったように

見えました。

私が入院を承知して来たと思われたようです。

 

実は此処へ来る車中で私はもしかしたら・・という

予感がありました。

でもそうなったら何としても入院しないで通うように

してもらえないか頼み込むつもりでした。

(切開したら通う?そんな事、ありえないのにね!)

 

猫が21匹いて他の人に頼むことが出来ないほど

世話が複雑で・・病気の子や高齢の子などいるので・・

はい・・一人で世話をしていて親類は猫のことは

世話したことないし本当に家を開けることは無理なんです。

 

先生は暫し考えられて・・

「それでは一日2回点滴を受けてください」と言われました。

「はい!それは可能です」と私・・・

「手紙を書きますので係りつけ医に渡して下さい」と先生・・

「そして、来週又、予約入れますので来てください」と・・

 

今、思うと先生には(S病院の先生にも)本当に申し訳ないことを

してしまったなと・・その時は夢中でしたのでそんな考えに及ばす

入院しなくて良いということだけが嬉しくて良かった・・と

それだけでした。

 

その後、点滴をして会計(計算機で支払い・これも初めて!)して

気持ちも晴れやかに?・・指は痛いのに・・帰ってきました。

 

続く・・

 

 

マークは亡くなった子たちです。

 

****************************************************
【ご支援のお願い】

いつもご訪問ありがとうございます。
パモの家「もりねこシェルター」では、高齢猫や病気の猫が多くなり、
必要な医療を受けさせる事も難しい状況です。
また、3月4月の暖房のための電気代がこれからの支払いとなります。
どうか、皆様のあたたかいご支援を心からお願い申し上げます。

口座記号番号 00570−6−71180
口座名称   もりねこ会
払い込み払い出し店  巻郵便局

*この口座に他銀行から払い込みする場合
店名(店番)  〇五九店(059) 当座 0071180

****************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 



猫に噛まれる
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012841/p11595948c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ジジに噛まれた!

先週の金曜日・・21日ですが・・猫たち5匹を獣医さんへ

連れていこうとして誤って右手薬指と甲を噛まれてしまいました。

何時ものようにバスタオルで猫の頭を覆いキャリーに

入れるのですが、ジジという黒猫を捕まえようとして

(ジジは撫でて欲しいときは自分から来るのに

 普段は触らせてくれない気まぐれな子なんです)

バスタオルを被せたら・・隙からスルリと・・

とっさに素手で捕まえてしまいました!

ジジも怖かったんだと思います。

ガブリ!!と・・・

 

ジジです

 

 

猫って噛まれると本当に痛いんですよね・・

いや痛いというより痺れるというか噛まれた手の感覚が無くなり

暫し動くことが出来ませんでした。

でも・・直ぐにやばいと気づいて血だらけになりながら

水道水で血を搾り出しました!

 

ゲンタマイシン軟膏を塗り絆創膏で応急処置をして

(不思議なんですが痛みも止まりました)

獣医さんへ行くことが出来ました。

 

その日と翌日・・土曜日で整形外科は午前中ありましたが

大したことはないと甘くみていて・・

遠くの知り合いが心配して下さって抗生剤を直ぐに送ると

言ってくださり本当に嬉しかったのですが・・

翌日の日曜日・・手の甲から手首近くまで腫れてきて

これはやばいと急いでネットで休日診療所を探し

新潟市の急患診療センターがあると知って

猫たちの世話を何とか終わらせて行ってきました。

 

其処では点滴とお薬を頂いてきました。

猫の噛み傷は小さくて深いんですよね・・

その時点で傷自体は塞がっていたと思います。

包帯も絆創膏も貼らずに帰ってきました。

その時に必ず翌日、係りつけ医に行って下さいと言われました。

 

翌日・・以前から腰痛とかアレルギーとかでよく行っていた

地元の整形外科&皮膚科専門のS病院へ行きました。

 

先生は指を見ると・・「指ってやたら切ることは出来ないんです」

そう言われて暫し考えられていましたが・・

「手の専門の病院を紹介しますので明日、行ってみてくださいね」と・・

指って関節やら筋があって切るのは専門で無いと無理らしいんですよね。

勿論、S病院は信頼に値する病院ですが色々と専門があるようです。

大事をとって新潟市のR総合病院へ紹介状と先生の手紙を持って

行くことになりました。

この日は化膿止めの点滴とお薬を頂いて帰りました。

薬指は消毒して指が動かないように補ていをして頂きました。

 

補ていした右手

 

頂いたお薬です。

 

翌日・・9時の予約の時間に間に合うように

5時半に起きて猫たちのご飯の支度をして

トイレだけ帰ってからすることにして出かけました。

 

 

続き・・

 

****************************************************
【ご支援のお願い】

いつもご訪問ありがとうございます。
パモの家「もりねこシェルター」では、高齢猫や病気の猫が多くなり、
必要な医療を受けさせる事も難しい状況です。

今回の猫たちの治療費や薬代の支払い・・・
また、3月の暖房のための電気代の払いがありますし

今回の病院の治療費も嵩んでき色々と苦しくなっています。

どうか、皆様のあたたかいご支援を心からお願い申し上げます。

 

口座記号番号 00570−6−71180
口座名称   もりねこ会
払い込み払い出し店  巻郵便局

*この口座に他銀行から払い込みする場合
店名(店番)  〇五九店(059) 当座 0071180

 



猫の噛み傷
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012841/p11594485c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ジンジンタンイメージ
ジンジンタン
プロフィール
新潟市で21匹の保護猫達と暮らしています。
私の自宅周辺は自然がたくさんある比較的静かな場所です。
我が家の猫達は皆さまざまな事情があってやむなく引き取った猫ばかりです。
病気を抱えた猫もたくさんいます。

現在、保護猫たちの資金を作るために、猫の一時預かり(ベットホテル)も始めました。
また、留守番する猫ちゃんのシッターも行っております。

私と彼らの毎日を生活記録として日記で公開いたします。


※皆様へのお願い※
この猫達の医療費などのご支援を心からお願いいたします。


口座記号番号 
00570−6−71180
口座名称   もりねこ会
払い込み払い出し店  巻郵便局

*この口座に他銀行から払い込みする場合
店名(店番)  〇五九店(059) 当座 0071180

*****************************
毛布 タオル バスタオル タオルケットなど
使い古したものがありましたら頂けると有り難いです。
(洗濯をしたものに限ります)

又、切手、ビール券、商品券なども
有り難いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 15 249880
コメント 0 1072
お気に入り 0 21

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<