脳力を上げる発声講座〜声で認知症を予防しましょう〜

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/nintisyou

テレビと音 その2

[moblog]
テレビくらい見ないと、今の話題についていけない。
そう思ってテレビを見ている方のなんと多いことか。

けれど、テレビを見ていて、その内容をどれだけ覚えていますか?
その時間を、他のことに使えば、一生ものの財産になりますよ。

(音の話に戻ります)
テレビから流れる音は、ときには騒音となり、諍いの種にもなります。

理由は「うるさい」「やかましい」などの一言に尽きるでしょう。

もし、同じ大きさでクラシックの曲が流れていたら?
相当の大音量でない限り、諍いの種になることはないでしょう。

また、同じテレビ番組でも、NHKと民放では、受ける印象も違います。
なぜでしょう?

元NHKのアナウンサーで、今は民放で活躍されている方が、こんなことをおっしゃっていました。

『NHKは落ち着いていて話しやすかったが、民放は騒々しい』

なぜなのか。その理由を考えたときに気づいたそうです。

『NHKでは、相手が話しているときにはきちんと最後まで静かに聞いてくれる。それに対して、民放は、全部言い終わらないうちに自分の話をかぶせてしまう』

誰もが我先にと、自分の意見を主張したがる。
自分の存在を売り込みたくて仕方ない。

「まずはじめに自分ありき」なのが民放なのだと言えるのかもしれません。


テレビと音 その3 へ



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000065123/p10989942c.html
声と音の話 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

最初の一文の事を私も、メイフェアを知るまで考えていました。


かりん様のブログは、色々考えさせられるので同じ記事でも何度も読み返してしまいます。

[ 麻里 ] 2014/02/15 11:12:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
テレビと音 その1
人間関係と音 その4
人間関係と音 その3
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
華凛イメージ
声についてのあれこれを、ヴォイスインストラクターが綴ります。

声を出すことによって、脳が活性化することは、最近良く知られるようになってきました。

65歳以上の10人に1人がなると言われている『認知症』。
脳を活性化させることで『認知症』も予防する効果も期待されています。

そんな『認知症』に対する誤解を解きながら、介護のコツや予防法までお伝えしています。

内容について何かありましたら、遠慮なくこちらへどうぞ。
flowervoice.415@gmail.COM
(すべて半角小文字でお願いします)

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 5 60267
コメント 0 29
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

足あと