☆ねこの森☆の住人たち

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/25niyanlove

モコ

2006年8月・・新潟で多頭崩壊がありました。
お年寄りが猫20匹を残して病に倒れてしまい
猫たちが路頭に迷いました。
近所の方が餌を持っていってくれましたが
掃除も出来ず中は酷い有様でした。
民間の動物愛護団体である「新潟動物ネットワーク」の
メンバーと掃除、給餌をやる続け・・
その後、猫たちは里子に出したり移動する場所を見つけたりして
何とか解決したのですが・・・

 

 

その時に膀胱炎になり獣医さんへ連れて行ったのが切っ掛けで
そのまま家に連れ帰りました。
それがモコです。シャムミックスで女の子です。

 

左がモコです  右はコロタン

 

多頭崩壊した家でも他の猫から苛められるのか?なんですが
いつも皆から離れて1匹でいた子です。
事故で頭を打ったのか生まれつきなのか?で
フラフラと体を左右に振って歩く子でした。
当時の獣医さんに診せても原因は解りませんでした。
 

最近、涎が多く出るようになり口臭もするので口内炎だと思い
今日、獣医さんへ連れていきました。
口内炎でもご飯は食べてくれていました。

 

ところが・・・

結果は顎の骨に腫瘍が出来ている・・・という診断でした。
見た目には解らないのですが触ってみると口元の直ぐ下の
顎の骨に少しゴロッとした触感が・・・・

 

先生は「顎の骨に出来る腫瘍は悪性が多いので何ともいえないけど・・」
「何時から出来始めたのか?だけど他に転移しているかもしれない」
とおっしゃいました。

 

治療は難しいと・・・


組織を取って検査して悪性か良性か見極めることが出来るが
悪性だとしても手術して顎を切り取ってしまうしかないし・・
そうなるとご飯を自力で食べることは出来なくなる・・・
涎が絶えず流れ出てケアも必要になる・・・・

 

それと悪性だったら全身麻酔して転移していないか
CT検査をしなくてはならない・・
抗がん剤は癌を治すことは出来ない・・転移を抑えるだけ・・・
放射線治療はあるけど新潟県にはその施設がある獣医はない・・

 いずれにしても高額な費用がかかります・・・ということです。

 

先生は多分・・「治すことは無理」とおっしゃりたいんだと
私は思いました。


苦しい検査や手術に耐えたとしても顎を無くして
モコは生きていけるんだろうか・・・・
食べたくても自力で食べることが出来ないのに
モコは大丈夫なんだろうか・・・


顎だけではなく他に転移していたら・・・

手術に耐えられるんだろうか・・

 

モコは多分、12〜15歳にはなっていると思います。
老体で全身麻酔に耐えられるのか・・・・

 

悩みました・・・

 

そして、そのうちに痛みも出てくるだろうということです。
痛みの治療も完全に痛みを無くすことは無理だそうです。

 

 

私は先生に「将来、安楽死という選択もありますよね」と言いました。

その考えはフッと出てきました・・・

そんな事は考えたくなかったし

どんなに苦しい病気でもそれだけは避けたいことでした。

 

昔、たった一度だけ、ある施設でやってもらった経験が

あります・・・

白血病で心臓が悪いサイダーというキジトラの男の子です。

人馴れしていないサイダーに心臓の薬をやる為に

追い詰めてタオルで押さえ無理やりに薬を飲ませました。

でもそれがサイダーにストレスを与え・・・

遂に薬を飲ませられなくなり

苦しんで苦しんで・・・

それで安楽死を選びました・・・

仕方が無かったとはいえ・・とても辛くて耐え難いことでした。


先生は・・「それも考えられます」とおっしゃいました。
先生は冷たい方ではないです。
どんな凶暴な野良猫でも自らが血だらけになりながら
ちゃんと触診をしてくださいます。
その先生がそう答えられました・・・

 

勿論、今、その選択をするわけではないのですが
この先、ご飯も食べれず痛みで苦しむだけになったら・・
そんな事を考えてしまいました。

 

大人しくて甘えん坊のモコ・・・・
いつかは亡くなると解っていても
長生きして自然死してほしいと思っていました。
何でモコがこうなるんだろうと思ってしまいました。

 

 

 

でも・・・
悲しいですが・・・

 

無理な延命処置はしたくないです。


ご飯を食べて痛みが出てきたら痛み止めをしてもらい
緩和療法でいきたいと思います。

 

そしてご飯も食べれなくなり
痛みで苦しむようになったら
獣医さんに相談したいと思っております。

 

それまでは少しでも苦しまないように

ストレスがないように・・・

世話をしてあげたいと・・・

そう思っております。

 

よもぎと一緒

 

**************************************************

 

過去の日記から・・

 

顔黒だけど・・
http://niigata.areablog.jp/blog/1000012841/p10166096c.html

ねこそれぞれ
http://niigata.areablog.jp/blog/1000012841/p10998523c.html



猫の病気

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012841/p11106520c.html
家のねこ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
モコとキキ埋葬
キキ・・永眠しました・・
モコ・・永眠しました・・
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ジンジンタンイメージ
ジンジンタン
プロフィール
新潟市で15匹の保護猫達と暮らしています。
私の自宅周辺は自然が沢山ある
比較的静かな場所です。
我が家の猫達は様々な事情があって
やむなく引き取った猫ばかりです。
病気を抱えた猫もたくさんいます。

現在、保護猫たちの資金を作る為に
留守番する猫ちゃんのシッターを
行っております。

私と彼らの毎日を生活記録として
日記で公開いたします。


※皆様へのお願い※
この猫達の医療費などのご支援を
心からお願いいたします。


口座記号番号 
00570−6−71180
口座名称   もりねこ会
払い込み払い出し店  巻郵便局

*この口座に他銀行から払い込みする場合
店名(店番)  〇五九店(059) 
当座 0071180

*****************************
毛布 タオル バスタオル
タオルケットなど使い古したものが
ありましたら頂けると有り難いです。
(洗濯をしたものに限ります)

又、切手、ビール券、
商品券なども有り難いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 21 259606
コメント 0 1172
お気に入り 0 21

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<