かるべ鍼灸接骨院blog *カサ・カルベ*

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/karube

治療に使われる鍼(はり)

こんにちは、院長です。


昨日の記事で上越地方のお灸のもぐさの製造技術は世界一という話を書きましたが、

鍼の製造技術も日本が世界一です。

 

 

当院では、静岡県にある「セイリン社」の使い捨て鍼を使っています。

 

もちろん、安心・安全・高品質・高価格の日本製です。

 


当院で使う鍼には 0.12〜0.3mm までありまして、

一番多く使っているのは0.14mmと0.16mmです。

 

 ちなみに・・・
 ・健康診断の採血用の針 0.8mm
 ・シャープペンシルの芯 0.5mm
 ・ワクチンに使われる一般的な注射針 0.4〜0.6mm
 ・痛くないと言われる超極細の糖尿病用注射針 0.2mm
 ・蚊 0.08mm

 

標準的な注射針の半分〜1/3程度の太さですね。

鍼を刺していることに気づかないことも多いようです。

 

きっとイメージほど痛くはありませんので安心して受けてくださいね。

 

 

細い細い鍼の世界ですが、それでも鍼を刺した瞬間に「チクリ」と感じる(切皮痛といいます)ことがある場合もあります。

 

セイリン社はそんな刺激を更に軽減するタイプの鍼を開発しています。

 

 

患者さんの中には「一番太い鍼(当院では0.3mm)を打って」という方もいらっしゃいます。

痛みを感じにくい方だったので、刺激量の強い太い鍼がちょうどよかったようです。

治療の結果、症状は軽減しご満足いただけました。


 


刺激の感じ方に個人差がありますので、

患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせて使用する鍼の太さを選んでいますよ。

 

 

 

*************

 

安心安全の日本製ディスポーサブル(使い捨て)鍼を使ってます。


新潟市中央区の接骨院・鍼灸院(はり・きゅう)


かるべ鍼灸接骨院

(かるべしんきゅうせっこついん)

http://calvet.sakura.ne.jp/


新潟市中央区関屋本村町2−293
TEL:025-201-9851(予約優先)




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012230/p11556007c.html
鍼(はり)の話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
頭皮への鍼治療
灸頭鍼(きゅうとうしん)
当院で使用している鍼(はり)
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
かるべイメージ
かるべ鍼灸接骨院(しんきゅうせっこついん)

新潟市中央区 関屋の鍼灸院・接骨院です。

「鍼」=はり・シン、と読みます。

ひとりひとりに合った施術を行い、皆様がもともと持っている「自然治癒力」を高める治療を行います。

新潟市中央区関屋本村町2−293
駐車場有
TEL:025-201-9851
予約優先制

月・火・木・金
9:00〜12:30・14:30〜19:00
水・土
9:00〜12:30
日祝休・不定休有


前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<