かるべ鍼灸接骨院blog *カサ・カルベ*

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://niigata.areablog.jp/karube

お灸工場見学・1

こんにちは、新潟市中央区「かるべ鍼灸接骨院」、院長です。

先日、佐藤竹右衛門商店さんへお灸工場見学をしてきました。

 

 

これは、お灸の原料となるよもぎの写真です。

最盛期(50年くらい前)は1年で300トンものヨモギを集めていたそうです。
その頃は、新潟県だけではヨモギが足りないので、長野や富山からも集めていたそうですよ。

 

日本で採れるよもぎは、上質なお灸の原料であり、直接灸(肌に直接あてて燃焼する)となります。
中国産のよもぎから上質なお灸は作れないので、隔物灸(肌に台座やにんにくなどの物を隔てて燃焼する)となります。

 

よもぎは日本全国に自生しておりますが、上越地方のよもぎは特に上質です。
地元の農家に集めてもらっているそうです。

 

写真のものは、天日干しした状態のものですが、大気と同様に湿度が30〜40%あります。
それを、110℃くらいの部屋で湿度1%(!)まで乾燥させます。
湿度1%まで乾燥させないと、いいお灸は作れません。


 

近代以前では、現代ほどの技術があったのかな?

天日干しの湿度30%でお灸を作っていたのかな?と考えてしまいます。
お灸の工場でも技術革新があったということですね。

 

 

****************

新潟市中央区の接骨院・鍼灸院


かるべ鍼灸接骨院


新潟市中央区関屋本村町2−293
TEL:025-201-9851(予約優先)




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://niigata.areablog.jp/blog/1000012230/p11015712c.html
灸(きゅう)の話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
佐藤竹右衛門商店さんのお灸
せんねん灸銀座ショールーム
お灸工場見学・2
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
かるべイメージ
かるべ鍼灸接骨院(しんきゅうせっこついん)

新潟市中央区 関屋の鍼灸院・接骨院です。

「鍼」=はり・シン、と読みます。

ひとりひとりに合った施術を行い、皆様がもともと持っている「自然治癒力」を高める治療を行います。

新潟市中央区関屋本村町2−293
駐車場有
TEL:025-201-9851
予約優先制

月・火・木・金
9:00〜12:30・14:30〜19:00
水・土
9:00〜12:30
日祝休・不定休有


前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<